第36回 臨床栄養学

 

36-111 臨床栄養に関する用語とその内容の組合せである。

36-112 外来栄養食事指導料の算定に関する記述である。

36-113 生体電気インピーダンス法(BIA)を用いた体組成の計測に関する記述である。

36-114 経腸栄養剤の種類とその特徴に関する記述である。

36-115 静脈栄養法に関する記述である。

36-116 メープルシロップ尿症患者の食事療法中のモニタリング指標である。

36-117 食事・食品が医薬品に及ぼす影響に関する記述である。

36-118 ビタミン、ミネラルとその欠乏により生じる疾患の組合せである。

36-119 この患者の 1 日当たりの目標栄養量である。

36-120 糖尿病治療に関する記述である。

36-121 脂質異常症の栄養管理において、積極的な摂取が推奨される食品成分である。

36-122 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。

36-123 膵炎の栄養管理に関する記述である。

36-124 うっ血性心不全患者において、前負荷を減らす栄養管理である。

36-125 投与エネルギー量の設定を変更せずに対処した栄養管理に関する記述である。

36-126 腎疾患の病態と栄養管理に関する記述である。

36-127 標準体重 50 kg の CKD 患者。この患者の 1 日当たりの目標栄養量の組合せである。

36-128 30 歳、女性、甲状腺機能亢進症。この患者の栄養管理に関する記述である。

36-129 COPD の病態と栄養管理に関する記述である。

36-130 この貧血の原因として考えられる栄養素である。