給食経営管理論

給食経営管理論

36-159 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。

問. 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 正確な摂取量を把握できる。 (2) 食べ残し量で摂取量を評価する。 (3) 評価は、評価者個人...
給食経営管理論

栄養管理報告書

特定給食施設における栄養管理の実施状況を記した報告書。施設の設置者や管理者が、自治体により決められた時期に保健所に提出する。 × 栄養管理報告書から、嗜好を評価する。(34-163)
給食経営管理論

検食簿

完成した料理の色や味、量などを評価し、記録するもの。 × 検食簿の記録から、摂取量を評価する。(34-163)
給食経営管理論

ブラストチラー

冷気の強制対流によって、急速冷却を行う調理機器。 ○ ブラストチラーは、冷気の強制対流によって、急速冷却を行う調理機器である。(35-159)
給食経営管理論

一次加工品

原材料である農水産物を、大きく変えない程度に処理・加工した食品。 <例> カット野菜、小麦粉など ○ 生鮮カット野菜は、一次加工品である。(35-164)
給食経営管理論

情意考課

人事考課のひとつ。責任感や積極性などの仕事に対する姿勢を評価する。
給食経営管理論

能力考課

人事考課のひとつ。知識や技能などの能力を評価する。
給食経営管理論

セグメンテーション

マーケティング戦略のひとつ。市場を細分化して分析する手法。 <例> 購入傾向分析による利用者集団の細分化
給食経営管理論

アクシデント

実際に起こってしまった事故のこと。給食分野では、食中毒や異物混入などを指す。
公衆栄養学

目安量(AI)

食事摂取基準における指標の1つ。当該集団に属する人々が、ある一定の栄養状態を維持するのに十分な量。推定平均必要量・推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に用いられる。