社会・環境と健康

社会・環境と健康

35-16 労働衛生の 3 管理における作業管理である。

問. 労働衛生の 3 管理における作業管理である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 排気装置の設置 (2) 健康診断の実施 (3) 衛生管理者の選任 (4) 労働時間の制限 (5) 労働衛生教育の実...
社会・環境と健康

35-15 介護保険制度に関する記述である。

問. 介護保険制度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 保険料は、18 歳から徴収される。 (2) 住宅改修は、介護給付の対象とならない。 (3) 施設サービスは、予防給付の対象とならない。 ...
社会・環境と健康

35-14 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。

問. 医療と福祉に関する事業等とその根拠法の組合せである。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1) がん検診 ----- 高齢者の医療の確保に関する法律 (2) 特定健康診査 ----- 介護保険法 (3) 地域支援事業 ...
社会・環境と健康

35-13 市町村保健センターに関する記述である。

問. 市町村保健センターに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 設置については、健康増進法に規定されている。 (2) 全国に約 500 か所設置されている。 (3) 保健センター長は、医師でなけれ...
社会・環境と健康

35-12 わが国の医療保険制度に関する記述である。

問. わが国の医療保険制度に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 保険給付の対象となる者を、保険者という。 (2) 被用者保険の対象には、自営業者が含まれる。 (3) 医療機関受診の際には、現物給...
社会・環境と健康

35-11 児童虐待のうち、ネグレクトに該当する記述である。

問. 児童虐待のうち、ネグレクトに該当する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 暴言を浴びせる。 (2) わいせつな行為をする。 (3) 体罰を加える。 (4) 食事を与えない。 (5) 目...
社会・環境と健康

35-10 検疫法により検疫の対象となる感染症である。

問. 検疫法により検疫の対象となる感染症である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1) ジカウイルス感染症 (2) 麻しん (3) 風しん (4) コレラ (5) 腸管出血性大腸菌感染症 答...
社会・環境と健康

35-9 乳がんに関する記述である。

問. 乳がんに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) わが国の女性の最近 5 年間の年齢調整死亡率は、胃がんより低い。 (2) 授乳は、発症リスクを高める。 (3) 主な発症要因として、ウイルス感染...
社会・環境と健康

35-8 たばこ規制枠組条約に関する記述である。

問. たばこ規制枠組条約に関する記述である。誤っているのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 21 世紀になって発効した。 (2) 国際労働機関(ILO)により策定された。 (3) 受動喫煙防止が盛り込まれている。 (4...
社会・環境と健康

35-7 NCDに関する記述である。

問. NCDに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 遺伝的要因は、影響しない。 (2) わが国の死因別死亡割合は、約 4 割である。 (3) 麻しんは、含まれる。 (4) COPDは、含まれ...