【第33回国試で出るかも⁈】柑橘類まとめ

2018年ももう終わりに近づいていますが、今年最大のヒット曲といえばあの柑橘曲ですよね?

 

そう、米津玄師さんの「Lemon」ではないでしょうか。

つまり次の国家試験で柑橘類関係の問題が出るのは必然!(ではない)

というわけで、今回は過去に出題された柑橘類関係の事項をまとめてみました!!!

【関連】食べ物と健康、臨床栄養学

 

[2019/4/4 追記] 第33回管理栄養士国家試験で、予想通り柑橘類問題が出題されました!
これが米津玄師さんの力か…

 

呈味成分

  • レモンの酸味:クエン酸
  • グレープフルーツの苦味:ナリンギン

 

香気成分

グレープフルーツの香り:ヌートカトン

 

色素

温州ミカンの色素:β-クリプトキサンチン

 

酵素

柑橘果汁の苦味除去に用いられる酵素:ナリンギナーゼ

 

薬との相互作用

グレープフルーツやスウィーティーなど

グレープフルーツなどに含まれる成分が薬物代謝酵素の活性を阻害するため、薬剤の血中濃度が上昇し、薬剤効果が増強する。多くの薬剤と相互作用を示すが、国試ではカルシウム拮抗薬が取り上げられることが多い。

 

関連過去問

33-46 果実類に関する記述である。

29-55 植物性食品とその香気成分の組合せである。

29-68 食品の加工とそれに関与する酵素の組合せである。

29-130 食品が医薬品の薬理効果に及ぼす影響に関する記述である。

 

おまけ

国試には出たことがないですが、「Lemon」の歌詞に出てくる“胸に残り離れない苦いレモンの匂い”の主成分はおそらくシトラールやリモネンと思われます。

Lemon、曲も果物も好きだ…

Amazon Music Unlimitedでも聴けるようになりました!