33-46 果実類に関する記述である。

問. 果実類に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) パパイアに含まれるたんぱく質分解酵素は、ブロメラインである。

(2) うんしゅうみかんの果肉に含まれる主なカロテノイドは、β-クリプトキサンチンである。

(3) レモンの酸味は、酒石酸による。

(4) グレープフルーツの苦味は、ヌートカトンによる。

(5) りんごの特有な食感は、石細胞による。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) パパイアに含まれるたんぱく質分解酵素は、パパインである。
ブロメラインは、パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素である。

(2) うんしゅうみかんの果肉に含まれる主なカロテノイドは、β-クリプトキサンチンである。

× (3) レモンの酸味は、クエン酸による。
酒石酸は、ブドウに含まれる酸味成分である。

× (4) グレープフルーツの苦味は、ナリンギンによる。
ヌートカトンは、グレープフルーツの香気成分である。

× (5) なしの特有な食感は、石細胞による。

 

⇐前   次⇒