給食経営管理論

給食経営管理論

36-167 発注から盛り付けまでの作業として、最も適当なのはどれか。

問. 予定食数 300 食の給食施設の献立として、鮭の塩焼き(使用量 70 g、 1 人 1 切)、付け合わせとして大根おろし(大根の純使用量 30 g)を計画した。発注から盛り付けまでの作業として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 ...
給食経営管理論

36-166 給食の生産計画の立案時に確認すべき項目と作成する帳票類の組合せである。

問. 給食の生産計画の立案時に確認すべき項目と作成する帳票類の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 調理における付帯作業 ----- 作業指示書 (2) 調理従事者ごとの作業量 ----- 作業指示書 ...
給食経営管理論

36-165 給食のオペレーションシステムに関する記述である。

問. 給食のオペレーションシステムに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) コンベンショナルシステムは、サテライトキッチンで盛付け作業を行う。 (2) クックサーブシステムは、調理後、冷凍保存するシステム...
給食経営管理論

36-164 食材料管理に関する記述である。

問. 食材料管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 生鮮食品の納品量は、食品受払簿に記録する。 (2) 在庫食品は、発注から納品までの期間に不足しない量を確保する。 (3) 植物油は、当日消費...
給食経営管理論

36-163 300 食のキャベツのソテー( 1 人当たりの純使用量 60 g)を、容量 70 L の回転釜 1 台で調理する際の留意点である。

問. 300 食のキャベツのソテー( 1 人当たりの純使用量 60 g)を、容量 70 L の回転釜 1 台で調理する際の留意点である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 水洗後、水切りせずに加熱する。 (2) 強火で...
給食経営管理論

36-162 給食の品質管理における評価項目と品質の種類の組合せである。

問. 給食の品質管理における評価項目と品質の種類の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 出来上がった汁物の調味濃度 ----- 設計品質 (2) 盛り残した量 ----- 設計品質 (3) 提供時の温...
給食経営管理論

36-161 給食管理で用いる帳票とその評価項目の組合せである。

問. 給食管理で用いる帳票とその評価項目の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 食材料費日計表 ----- 食品群別の使用量 (2) 食品受払簿 ----- 食品構成 (3) 検食簿 ----- 給食...
給食経営管理論

36-160 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。

問. 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。調理工程が増えるものとして、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 飯を大盛り、中盛り、小盛りから選択できるようにする。 (2) 飯を白米...
給食経営管理論

36-158 社員食堂に配属され、初めて調理業務を担当する調理従事者に対する初期教育の内容である。

問. 社員食堂に配属され、初めて調理業務を担当する調理従事者に対する初期教育の内容である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 衛生的な作業環境の改善方法 (2) 効率化を目指した調理方法 (3) 調理機器の安全な...
給食経営管理論

36-157 クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。

問. クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。調理従事者にはパートタイマーが含まれる。朝食をアッセンブリーサーブシステムに変更することになった。このことにより、削減が期待できない項目である。最も適当なのはどれか。 1...