栄養教育論

栄養教育論

37-99 この男性に対し、家族が行うソーシャルサポートの内容とサポートの種類の組合せである。

問. 特定保健指導で、野菜摂取量を増やすという行動目標を立てた単身赴任男性である。この男性に対し、家族が行うソーシャルサポートの内容とサポートの種類の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 冷凍のヘルシー弁当を手配する。...
栄養教育論

37-100 イノベーション普及理論の観察可能性(可観測性)に当たる内容として、最も適当なのはどれか。

問. 企業の管理栄養士が、中高年向けの新しい食事管理アプリを開発し、販売することになった。イノベーション普及理論の観察可能性(可観測性)に当たる内容として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 従来の食事管理アプリより、利用料金が安...
栄養教育論

37-110 体重 1 kg 当たりの教室の費用効果(円)として、最も適当なのはどれか。

問. 体重増加を目指す大学ラグビー部の学生 12 人を対象に、栄養教室を 3 か月で計6 回実施した。教室の総費用は 60,000 円であった。参加者の体重増加量の合計は10 kg であった。体重 1 kg 当たりの教室の費用効果(円)とし...
栄養教育論

28-119 「食育ガイド」(内閣府)に示されている内容である。

問. 「食育ガイド」(内閣府)に示されている内容である。誤っているのはどれか。1つ選べ。 (1) 災害への備えとして、1日分の食品・飲料水を家に用意する。 (2) 食事の内容や量は、食事バランスガイドを目安に確認する。 (3) よく噛んで食...
栄養教育論

30-103 ラポールの形成が期待できる管理栄養士の発言として、最も適切なのはどれか。

問. 半年前に配偶者を亡くし、食欲が低下したままの高齢期の男性に対する栄養カウンセリングである。ラポールの形成が期待できる管理栄養士の発言として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 昨日、どのようなものを召し上がりましたか。 (2...
栄養教育論

36-110 食育前後の変化と、評価の種類の組合せである。

問. 小学 4 年生児童に、給食の残菜を減らすことを目的とした食育を行った。食育前後の変化と、評価の種類の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 給食を残すことがもったいないと思う児童の割合が増加した。----- 影響評...
栄養教育論

36-109 減量の達成に向けて、優先的に設定すべき行動目標である。

問. 減量したいと考え始めた肥満女性に、栄養教育を行うことになった。減量の達成に向けて、優先的に設定すべき行動目標である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 肥満を改善できた同僚の話を聞く。 (2) 昼食は、社員食堂でヘルシーメニ...
栄養教育論

36-108 アセスメント項目と質問内容の組合せである。

問. 配偶者の死後、食生活に不安を感じている 60 歳の男性に、特定保健指導を行うことになった。アセスメント項目と質問内容の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 既往歴 ----- 主観的体調 (2) 食知識 ----...
栄養教育論

36-107 マーケティング・ミックスの 4Pとその働きかけの組合せである。

問. 大学において、成人の学生を対象に、毎年、年度始めに「適正飲酒教室」を開催してきたが、参加者が少ないという課題があった。そこで、ソーシャルマーケティングを活用して、参加者増加を目指すこととした。マーケティング・ミックスの 4Pとその働き...
栄養教育論

36-106 産院の「プレママ教室」において、適正な体重増加に向けて、参加者のグループダイナミクス効果が期待できる取組である。

問. 産院の「プレママ教室」において、適正な体重増加に向けて、参加者のグループダイナミクス効果が期待できる取組である。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 産院に通う出産経験者の体験談を聞いてもらう。 (2) 教室の修了生に参加して...