栄養教育論

栄養教育論

30-100 児童の野菜摂取に関する行動の記述である。

問. 児童の野菜摂取に関する行動の記述である。オペラント条件づけに当てはまるものとして、正しいのはどれか。 2 つ選べ。 (1) 先生に「野菜を食べましょう」と言われたので、食べた。 (2) 野菜を食べたら先生に褒められたので、...
栄養教育論

35-104 K大学の学生食堂では、全メニューに小鉢 1 個がついている。

問. K 大学の学生食堂では、全メニューに小鉢 1 個がついている。小鉢の種類には、肉料理、卵料理、野菜料理、果物・デザートがあり、販売ラインの最後にある小鉢コーナーから選択することになっている。ナッジを活用した、学生の野菜摂取量を増やす取...
栄養教育論

35-103 行動変容技法の反応妨害・拮抗を活用した支援である。

問. 菓子の摂取を減らすことが困難だと感じている女性社員に支援を行うことになった。行動変容技法の反応妨害・拮抗を活用した支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 菓子を 1 か月間控えることができた時のご褒美を考えるよ...
栄養教育論

35-102 地域在住高齢者を対象とした、ロコモティブシンドローム予防のための支援内容と行動変容技法の組合せである。

問. 地域在住高齢者を対象とした、ロコモティブシンドローム予防のための支援内容と行動変容技法の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 毎日 30 分散歩すると目標を決めて、周囲の人に言うように勧める。----- セ...
栄養教育論

35-101 特定健康診査の結果、動機付け支援の対象となった勤労男性に対する初回面接である。

問. 特定健康診査の結果、動機付け支援の対象となった勤労男性に対する初回面接である。面接を始めたところ、「会社に言われたから来た」と言い、口数は少ない。面接の進め方として、最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 検査結果に基づい...
栄養教育論

35-100 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。

問. 食品会社に勤める管理栄養士が、新しい減塩調味料の販売促進方法を企画した。その企画内容と、イノベーション普及理論に基づく普及に必要な条件の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 既存の商品よりナトリウムの低減割...
栄養教育論

35-99 子どもが野菜を食べないことを心配して、市の保健センターに相談に来た保護者へのソーシャルサポートのうち、評価的サポートに該当するものである。

問. 子どもが野菜を食べないことを心配して、市の保健センターに相談に来た保護者へのソーシャルサポートのうち、評価的サポートに該当するものである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 保健センターで開催されている食育講習会の参加...
栄養教育論

35-98 ヘルスビリーフモデルの「罹患性の認知」に基づいた支援である。

問. 新入社員研修において、急性アルコール中毒に関する教育を担当することになった。ヘルスビリーフモデルの「罹患性の認知」に基づいた支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 急性アルコール中毒で辛い経験をした社員の例を話...
栄養教育論

26-119 栄養教育における経済的評価に関する記述である。

問. 栄養教育における経済的評価に関する記述である。正しいのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 費用効果分析では、教育効果を金額に換算して評価を行う。 (2) 費用効果分析では、異なるプログラムを比較分析できる。 (3) 費...
栄養教育論

34-110 適切な水分摂取の実行が期待できる働きかけである。

問. 軽い認知症があり、もの忘れが多くなった独居の高齢者に、脱水症予防のための栄養教育を行うことになった。適切な水分摂取の実行が期待できる働きかけである。最も適切なのはどれか。 1 つ選べ。 (1) 脱水症予防のための水分のとり方につ...