36-112 外来栄養食事指導料の算定に関する記述である。

問. 外来栄養食事指導料の算定に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 初回の指導時間は、概ね 20 分以上で算定できる。

(2) 集団栄養食事指導料を、同一日に併せて算定できる。

(3) BMI 27.0 kg/m2 の肥満者は、算定対象となる。

(4) がん患者は、算定対象とならない。

(5) 7 歳の小児食物アレルギー患者は、算定対象とならない。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) 初回の指導時間は、概ね 30 分以上で算定できる。
2回目以降は、概ね 20 分以上で算定できる。

(2) 集団栄養食事指導料を、同一日に併せて算定できる。

× (3) BMI 27.0 kg/m2 の肥満者は、算定対象とならない。
BMI 30.0 kg/m2 以上の肥満者は、算定対象となる。

× (4) がん患者は、算定対象となる。

× (5) 7 歳の小児食物アレルギー患者は、算定対象となる。
9 歳未満の小児食物アレルギー患者は、算定対象となる。