第36回 給食経営管理論

 

36-153 特定給食施設の設置者が取り組むことで、利用者の適切な栄養管理につながる取組である。

36-154 健康増進法に基づき、管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である。

36-155 小・中学校における給食の栄養・食事計画に関する記述である。

36-156 移行計画と経営管理のプロセスとの組合せである。

36-157 クックサーブシステムで、直営で給食の運営を行っている病院である。

36-158 社員食堂に配属され、初めて調理業務を担当する調理従事者に対する初期教育の内容である。

36-159 介護保険施設における、目測法による個人の食事摂取量の評価に関する記述である。

36-160 一汁二菜の定食方式で運営している事業所給食において、個別対応の方法を検討した。

36-161 給食管理で用いる帳票とその評価項目の組合せである。

36-162 給食の品質管理における評価項目と品質の種類の組合せである。

36-163 300 食のキャベツのソテー( 1 人当たりの純使用量 60 g)を、容量 70 L の回転釜 1 台で調理する際の留意点である。

36-164 食材料管理に関する記述である。