36-73 食品たんぱく質の評価に関する記述である。

問. 食品たんぱく質の評価に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) アミノ酸価は、食品たんぱく質の生物学的評価法の 1 つである。

(2) たんぱく質効率(PER)は、窒素出納を指標として求める。

(3) 生物価は、体重変化を指標として求める。

(4) 正味たんぱく質利用率(NPU)は、生物価に消化吸収率を乗じて求める。

(5) 無たんぱく質食の摂取時は、尿中への窒素排泄がみられない。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) アミノ酸価は、食品たんぱく質の化学的評価法の 1 つである。

× (2) たんぱく質効率(PER)は、体重変化を指標として求める。

× (3) 生物価は、窒素出納を指標として求める。

(4) 正味たんぱく質利用率(NPU)は、生物価に消化吸収率を乗じて求める。

× (5) 無たんぱく質食の摂取時にも、尿中への窒素排泄がみられる。
 

⇐前   次⇒