35-57 食品添加物に関する記述である。

問. 食品添加物に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 生涯を通じて週に 1 日摂取しても健康に影響が出ない量を、一日摂取許容量(ADI)という。

(2) 無毒性量は、ヒトに対する毒性試験の結果をもとに設定される。

(3) 指定添加物は、天然由来の添加物を含まない。

(4) サッカリンナトリウムは、甘味づけの目的で添加される。

(5) エリソルビン酸は、細菌の増殖抑制の目的で添加される。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 生涯を通じて毎日摂取しても健康に影響が出ない量を、一日摂取許容量(ADI)という。

× (2) 無毒性量は、動物に対する毒性試験の結果をもとに設定される。

× (3) 指定添加物は、天然由来の添加物を含む。

(4) サッカリンナトリウムは、甘味づけの目的で添加される。

× (5) エリソルビン酸は、酸化防止の目的で添加される。
 

⇐前   次⇒