38-44 果実類に関する記述である。

問. 果実類に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) バナナは、追熟に伴いでんぷんが増加する。

(2) 日本なしの石細胞は、リグニンを多く含む。

(3) りんごの主な多糖類は、アガロペクチンである。

(4) 赤肉種のメロンの主な色素は、アントシアニンである。

(5) アボカドは、不飽和脂肪酸より飽和脂肪酸を多く含む。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) バナナは、追熟に伴いでんぷんが減少する。
追熟に伴いでんぷんが分解されて減少し、グルコースなどが増加して甘味が増す。

(2) 日本なしの石細胞は、リグニンを多く含む。

× (3) りんごの主な多糖類は、ペクチンである。
アガロペクチンは、寒天の主な多糖類である。

× (4) 赤肉種のメロンの主な色素は、β-カロテンである。

× (5) アボカドは、飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸を多く含む。