36-53 細菌性およびウイルス性食中毒に関する記述である。

問. 細菌性およびウイルス性食中毒に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) カンピロバクターは、鶏の消化管内には生息していない。

(2) エルシニア・エンテロコリチカは、 5 ℃で増殖できない。

(3) 黄色ブドウ球菌の毒素は、煮沸で容易に不活化される。

(4) ノロウイルスは、60℃ 30 分間の加熱で容易に不活化される。

(5) E 型肝炎ウイルスは、野生のシカの肉を生食することで感染する。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) カンピロバクターは、鶏の消化管内に生息している。

× (2) エルシニア・エンテロコリチカは、 5 ℃で増殖できる。

× (3) 黄色ブドウ球菌の毒素は、煮沸で容易に不活化されない。

× (4) ノロウイルスは、60℃ 30 分間の加熱で容易に不活化されない。
85℃ 以上で 1 分間以上の加熱で不活化されるとされているが、確実に不活化するために 85~90℃ 以上で 90 秒間以上加熱することとされている。

(5) E 型肝炎ウイルスは、野生のシカの肉を生食することで感染する。