29-59 腸管出血性大腸菌による食中毒に関する記述である。

問. 腸管出血性大腸菌による食中毒に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選 べ。

(1) 細菌性食中毒の原因菌として、最も多い。

(2) 主な症状は発熱である。

(3) 重篤な場合、溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こす。

(4) 真空包装食品が主な原因となる。

(5) 食後数時間で発症する。

 

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 細菌性食中毒の原因菌として最も多いのは、カンピロバクターである。

× (2) 主な症状は腹痛、水様便、血便である。

(3) 重篤な場合、溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こす。

× (4) 牛肉が主な原因となる。
その他にも、野菜や井戸水など様々な食品が原因となりうる。

× (5) 食後3~8日で発症する。
 

⇐前   次⇒