33-56 腸管出血性大腸菌による食中毒に関する記述である。

問. 腸管出血性大腸菌による食中毒に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) 少量の菌数でも感染する。

(2) 毒素は、テトロドトキシンである。

(3) 潜伏期間は、2~10日間程度である。

(4) 主な症状は、腹痛と血便である。

(5) 溶血性尿毒症症候群(HUS)に移行する場合がある。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

(1) 少量の菌数でも感染する。

× (2) 毒素は、ベロ毒素である。

(3) 潜伏期間は、2~10日間程度である。

(4) 主な症状は、腹痛と血便である。

(5) 溶血性尿毒症症候群(HUS)に移行する場合がある。

 

⇐前   次⇒