36-76 脂溶性ビタミンに関する記述である。

問. 脂溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) ビタミン A は、血液凝固因子の活性化に必要である。

(2) ビタミン D は、小腸で活性型に変換される。

(3) 活性型ビタミン D は、カルシウムの小腸での吸収を抑制する。

(4) ビタミン E は、過酸化脂質の生成を促進する。

(5) ビタミン K は、骨形成に必要である。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) ビタミン K は、血液凝固因子の活性化に必要である。

× (2) ビタミン D は、肝臓、腎臓で活性型に変換される。

× (3) 活性型ビタミン D は、カルシウムの小腸での吸収を促進する。

× (4) ビタミン E は、過酸化脂質の生成を抑制する。

(5) ビタミン K は、骨形成に必要である。
 

⇐前   次⇒