35-77 水溶性ビタミンに関する記述である。

問. 水溶性ビタミンに関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) ビタミン B1 は、ピルビン酸をアセチル CoA に変換する反応の補酵素である。

(2) ビタミン B6 必要量は、たんぱく質摂取量の影響を受けない。

(3) ナイアシンは、グルタミン酸から合成される。

(4) ビタミン B12 は、主に空腸で吸収される。

(5) ビタミン C は、還元型ビタミン E を酸化型に変換する。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) ビタミン B1 は、ピルビン酸をアセチル CoA に変換する反応の補酵素である。

× (2) ビタミン B6 必要量は、たんぱく質摂取量の影響を受ける。
ビタミンB6は、アミノ酸代謝の補酵素としてはたらくため、たんぱく質摂取量が増えると必要量が増加する。

× (3) ナイアシンは、トリプトファンから合成される。

× (4) ビタミン B12 は、主に回腸で吸収される。

× (5) ビタミン C は、酸化型ビタミン E を還元型に変換する。
 

⇐前   次⇒