36-49 食品に含まれるたんぱく質に関する記述である。

問. 食品に含まれるたんぱく質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 大豆に含まれる主なたんぱく質は、カゼインである。

(2) 米に含まれる主なたんぱく質は、グルテニンである。

(3) コラーゲンは、冷水によく溶ける。

(4) グリシニンは、等電点において溶解度が最大となる。

(5) オボアルブミンは、変性すると消化されやすくなる。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 大豆に含まれる主なたんぱく質は、グリシニンである。
カゼインは、牛乳に含まれる主なたんぱく質である。

× (2) 米に含まれる主なたんぱく質は、オリゼニンである。
グルテニンは、小麦に含まれる主なたんぱく質である。

× (3) コラーゲンは、冷水にほとんど溶けない。

× (4) グリシニンは、等電点において溶解度が最小となる。

(5) オボアルブミンは、変性すると消化されやすくなる。