36-148 食物摂取頻度調査法を用いた栄養疫学研究を行った。

問. 食物摂取頻度調査法を用いた栄養疫学研究を行った。残差法におけるの記述として、最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 総エネルギー摂取量当たりの栄養素摂取量

(2) 総エネルギー摂取量と栄養素摂取量の相関係数

(3) 栄養素摂取量の測定値と EAR との差

(4) 栄養素摂取量の測定値と平均値との差

(5) 栄養素摂取量の測定値と総エネルギー摂取量からの予測値との差

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

(5) 栄養素摂取量の測定値と総エネルギー摂取量からの予測値との差

残差法は、エネルギー摂取量による栄養素摂取量への影響を調整する方法のひとつである。
平均エネルギー摂取量における栄養素摂取量に残差を加えることにより、エネルギー調整摂取量を算出する。

 

⇐前   次⇒