35-115 経腸栄養剤に関する記述である。

問. 経腸栄養剤に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 消化態栄養剤は、窒素源に低分子ペプチドを含む。

(2) 成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が低い。

(3) 血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率を 15%E としている。

(4) 肝不全用経腸栄養剤は、芳香族アミノ酸が強化されている。

(5) 免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n-6 系脂肪酸が強化されている。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) 消化態栄養剤は、窒素源に低分子ペプチドを含む。

× (2) 成分栄養剤は、半消化態栄養剤より浸透圧が高い。

× (3) 血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率を 30~50%E としている。
血糖管理を目的とした経腸栄養剤は、脂肪エネルギー比率が高いもの、吸収速度が遅い糖質が使用されているものなどがある。

× (4) 肝不全用経腸栄養剤は、分岐鎖アミノ酸が強化されている。

× (5) 免疫賦活を目的とした経腸栄養剤は、n-3 系脂肪酸が強化されている。