34-113 その対策に関する記述である。

問. 経鼻胃管にて、1.0 kcal/mL の半消化態栄養剤(常温)を 100 mL/時で 250 mL 投与したところ、下痢を生じた。その対策に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 脂質含量の多い経腸栄養剤に変更する。

(2) 浸透圧の高い経腸栄養剤に変更する。

(3) 2.0 kcal/mL の経腸栄養剤に変更する。

(4) 4 ℃にして投与する。

(5) 25 mL/時で投与する。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 脂質含量の少ない経腸栄養剤に変更する。
高脂質は下痢の原因となる。

× (2) 浸透圧の低い経腸栄養剤に変更する。
高浸透圧は下痢の原因となる。

× (3) 2.0 kcal/mL の経腸栄養剤に変更しない。
高カロリー(高浸透圧)は下痢の原因となる。

× (4) 4 ℃にして投与しない。
低温は下痢の原因となる。

(5) 25 mL/時で投与する。
投与速度を遅くすることは、下痢の対策になる。
 

⇐前   次⇒