34-6 睡眠と休養に関する記述である。

問. 睡眠と休養に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 家に帰ったらできる限り早く眠るようにすることは、積極的休養である。

(2) 健康づくりのための休養指針では、他者との出会いやきずなの重要性が示されている。

(3) 最近の国民健康・栄養調査によると、「睡眠で休養が十分にとれていない者」の割合は約50 % である。

(4) 健康づくりのための睡眠指針では、アルコール摂取による睡眠導入が推奨されている。

(5) 健康づくりのための睡眠指針では、1日9 時間以上の睡眠をとることが推奨されている。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) 家に帰ったらできる限り早く眠るようにすることは、消極的休養である。

(2) 健康づくりのための休養指針では、他者との出会いやきずなの重要性が示されている。

× (3) 最近の国民健康・栄養調査によると、「睡眠で休養が十分にとれていない者」の割合は約20 % である。
21.7 %である(平成30年)。

× (4) 健康づくりのための睡眠指針では、アルコール摂取による睡眠導入が推奨されていない。
睡眠薬代わりの寝酒は睡眠を悪くすることが示されている。

× (5) 健康づくりのための睡眠指針では、 日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠をとることが推奨されている。

⇐前   次⇒