36-44 穀類の加工品に関する記述である。

問. 穀類の加工品に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) ビーフンは、うるち米を主原料として製造される。

(2) 生麩は、とうもろこしでんぷんを主原料として製造される。

(3) ポップコーンは、とうもろこしの甘味種を主原料として製造される。

(4) オートミールは、大麦をローラーで押しつぶして製造される。

(5) ライ麦パンは、グルテンを利用して製造される。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) ビーフンは、うるち米を主原料として製造される。

× (2) 生麩は、小麦グルテンを主原料として製造される。

× (3) ポップコーンは、とうもろこしの爆裂種を主原料として製造される。

× (4) 押麦は、大麦をローラーで押しつぶして製造される。
オートミールは、燕麦をローラーで押しつぶすなどして加工したものである。

× (5) ライ麦パンは、グルテンを利用して製造されない。
ライ麦を原料とするパンでは、グルテンが形成されない。そのため、乳酸菌を添加し、生地を酸性にすることにより粘着性をもたせている。