35-122 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。

問. 脂質異常症の栄養管理に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 高 LDL コレステロール血症では、飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率を 10%Eとする。

(2) 高 LDL コレステロール血症では、コレステロールの摂取量を 400 mg/日とする。

(3) 低 HDL コレステロール血症では、トランス脂肪酸の摂取を増やす。

(4) 高トリグリセリド血症では、n-3 系脂肪酸の摂取を控える。

(5) 高カイロミクロン血症では、脂肪の摂取エネルギー比率を 15%E とする。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 高 LDL コレステロール血症では、飽和脂肪酸の摂取エネルギー比率を 7%E未満とする。

× (2) 高 LDL コレステロール血症では、コレステロールの摂取量を 200 mg/日とする。

× (3) 低 HDL コレステロール血症では、トランス脂肪酸の摂取を減らす。

× (4) 高トリグリセリド血症では、n-3 系脂肪酸の摂取を増やす。

(5) 高カイロミクロン血症では、脂肪の摂取エネルギー比率を 15%E とする。