35-123 消化器疾患と栄養管理の組合せである。

問. 消化器疾患と栄養管理の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 胃食道逆流症 —– カリウム制限

(2) たんぱく漏出性胃腸症 —– カルシウム制限

(3) 慢性膵炎代償期 —– 脂肪制限

(4) 胆石症 —– 糖質制限

(5) 過敏性腸症候群 —– たんぱく質制限

 

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 胃食道逆流症 —– カリウム制限
⇒ 胃食道逆流症では、コーヒーやかんきつ類などの胃酸の分泌を促進する食品の摂取を控える。

× (2) たんぱく漏出性胃腸症 —– カルシウム制限
⇒ たんぱく漏出性胃腸症では、高たんぱく質食とする。

(3) 慢性膵炎代償期 —– 脂肪制限

× (4) 胆石症 —– 脂肪制限

× (5) 過敏性腸症候群 —– たんぱく質制限
⇒ 過敏性腸症候群では、暴飲暴食や刺激物を避ける。