34-75 脂質の栄養に関する記述である。

問. 脂質の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1) 脂肪酸の利用が高まると、ビタミンB1の必要量が増加する。

(2) パルミチン酸は、必須脂肪酸である。

(3) エイコサペンタエン酸(EPA)は、リノール酸から合成される。

(4) エイコサノイドは、アラキドン酸から合成される。

(5) α-リノレン酸は、n-6系脂肪酸である。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 脂肪酸の利用が高まると、ビタミンB1の必要量が減少する。
脂質代謝の過程では、ビタミンB1を補酵素とする、ピルビン酸⇒アセチルCoAの反応が使われないため、ビタミンB1の必要量が少なくなる(脂質のビタミンB1節約作用)。

× (2) パルミチン酸は、必須脂肪酸ではない。
必須脂肪酸は、α-リノレン酸とリノール酸である。

× (3) エイコサペンタエン酸(EPA)は、α-リノレン酸から合成される。

(4) エイコサノイドは、アラキドン酸から合成される。

× (5) α-リノレン酸は、n-3系脂肪酸である。

 

⇐前   次⇒