33-31 循環器疾患に関する記述である。

問. 循環器疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 心房細動は、脳出血のリスク因子である。

(2) 心室細動は、致死性不整脈である。

(3) 心筋梗塞による胸痛には、ニトログリセリンが有効である。

(4) 仮面高血圧では、家庭血圧は正常である。

(5) 右心不全では、肺うっ血をきたす。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) 心房細動は、脳塞栓のリスク因子である。

(2) 心室細動は、致死性不整脈である。

× (3) 狭心症による胸痛には、ニトログリセリンが有効である。

× (4) 仮面高血圧では、家庭血圧は高血圧を示す。

× (5) 左心不全では、肺うっ血をきたす。

 

⇐前   次⇒