31-11 感染症法により就業制限が課せられる疾病である。

問. 感染症法により就業制限が課せられる疾病である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1) 結核

(2) エボラ出血熱

(3) 腸管出血性大腸菌感染症

(4) 細菌性赤痢

(5) 後天性免疫不全症候群

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

感染症法により就業制限が課せられるのは、1類、2類、3類感染症、新型インフルエンザ等感染症である。

(1) 結核は2類感染症である。

(2) エボラ出血熱は1類感染症である。

(3) 腸管出血性大腸菌感染症は3類感染症である。

(4) 細菌性赤痢は3類感染症である。

× (5) 後天性免疫不全症候群は5類感染症である。

 

⇐前   次⇒