35-98 ヘルスビリーフモデルの「罹患性の認知」に基づいた支援である。

問. 新入社員研修において、急性アルコール中毒に関する教育を担当することになった。ヘルスビリーフモデルの「罹患性の認知」に基づいた支援である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 急性アルコール中毒で辛い経験をした社員の例を話す。

(2) アルコール・ハラスメントについて話し合いをさせる。

(3) 急性アルコール中毒で、救急搬送された際の医療費について教える。

(4) アルコールパッチテストの結果を、個別に返却し説明する。

(5) 飲酒は適量までとすることのメリットについて考えさせる。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

(4) アルコールパッチテストの結果を、個別に返却し説明する。

アルコールパッチテストの結果を用いて説明することにより、急性アルコール中毒になるかもしれないと感じてもらう(罹患性の認知)ことができる。
(1)と(3)は、ヘルスビリーフモデルの「重大性の認知」に基づいた支援である。

ヘルスビリーフモデルについて動画でチェック!
【3分でマスター】ヘルスビリーフモデル