35-96 ストレス時(抵抗期)の生体反応に関する記述である。

問. ストレス時(抵抗期)の生体反応に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) エネルギー消費量は、低下する。

(2) たんぱく質の異化は、抑制される。

(3) 脂肪の合成は、亢進する。

(4) 糖新生は、抑制される。

(5) ビタミン C の需要は、増加する。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) エネルギー消費量は、増加する。

× (2) たんぱく質の異化は、亢進する。

× (3) 脂肪の分解は、亢進する。

× (4) 糖新生は、促進される。

(5) ビタミン C の需要は、増加する。

⇐前   次⇒