35-79 体水分に関する記述である。

問. 体水分に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 体重 1 kg 当たりの水分量は、体脂肪率が高い者の方が低い者より多い。

(2) 成人の体水分の分布は、細胞内液よりも細胞外液の方が多い。

(3) 栄養素 1 g 当たりの代謝水は、脂質が最も多い。

(4) 不可避尿量は、飲水量に影響される。

(5) 水分必要量は、不可避尿量と等しい。

 

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 体重 1 kg 当たりの水分量は、体脂肪率が低い者の方が高い者より多い。
脂肪組織は水分含量が少ないため、体脂肪率が高い者では体水分率が低くなる。

× (2) 成人の体水分の分布は、細胞外液よりも細胞内液の方が多い。
細胞内液は体重の約40%を、細胞外液は体重の約20%を占める。

(3) 栄養素 1 g 当たりの代謝水は、脂質が最も多い。

× (4) 不可避尿量は、飲水量に影響されない。

× (5) 水分必要量は、不可避尿量、不感蒸泄量、糞便水分量の合計と等しい。
 

⇐前   次⇒