33-124 45歳、男性。事務職。身長170cm、体重75kg、BMI26.0kg/m²、腹部CT測定により内臓脂肪面積110cm² であった。

問. 45歳、男性。事務職。身長170cm、体重75kg、BMI26.0kg/m²、腹部CT測定により内臓脂肪面積110cm² であった。血圧125/80mmHg。空腹時血液検査値は、血糖100mg/dL、トリグリセリド140mg/dL。その他、特別な健康障害はみられない。この患者の病態と栄養管理に関する記述である。
正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 肥満症である。

(2) メタボリックシンドロームである。

(3) 脂質異常症と診断される。

(4) エネルギー摂取量は、35kcal/kg標準体重/日とする。

(5) 1か月に10%の減量を目標とする。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) 肥満症である。
腹部CT測定により内臓脂肪面積100cm²以上であったため、肥満症と診断される。

× (2) メタボリックシンドロームではない。

メタボリックシンドロームの診断基準

× (3) 脂質異常症と診断されない。

脂質異常症の診断基準
トリグリセリド:150mg/dl以上
LDL-C:140mg/dl以上
HDL-C:40mg/dl未満

× (4) エネルギー摂取量は、25kcal/kg標準体重/日とする。

× (5) 3~6か月で3%以上の減量を目標とする。

 

⇐前   次⇒