31-127 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。

問. 胃食道逆流症の栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 食後は、すぐに仰臥位をとる。

(2) 1回当たりの食事量を多くする。

(3) 高脂肪食を選択する。

(4) カフェインの摂取を控える。

(5) かんきつ類を多く摂取する。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説
<逆流の危険因子>
・下部食道括約部圧の低下
・腹圧の上昇
・胃酸の分泌増加

× (1) 食後は、すぐに仰臥位をとらない。

× (2) 1回当たりの食事量を少なくする。

× (3) 高脂肪食を控える。
高脂肪食は胃酸の分泌を増加させるとともに、下部食道括約部圧を低下させる。

(4) カフェインの摂取を控える。
カフェインの摂取は、胃酸分泌を増加させる。

× (5) かんきつ類を多く摂取しない。
柑橘類の摂取は、胃酸分泌を増加させる。
 

⇐前   次⇒