31-120 薬物とその作用の組合せである。

問. 薬物とその作用の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) アンギオテンシン変換酵素阻害薬 —— コレステロール合成の抑制

(2) α-グルコシダーゼ阻害薬 —— 食後血糖値の上昇抑制

(3) アロプリノール —— 血圧の降下

(4) マジンドール —— 食欲の亢進

(5) ラクツロース —— 低血糖の予防

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) アンギオテンシン変換酵素阻害薬 —— 血圧の降下

(2) α-グルコシダーゼ阻害薬 —— 食後血糖値の上昇抑制

× (3) アロプリノール —— 尿酸産生抑制

× (4) マジンドール —— 食欲の抑制

× (5) ラクツロース —— 便秘の改善

⇐前   次⇒