レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAA系)

血圧上昇機構のひとつ。

① 腎血流量の減少により、レニンが分泌される。
② レニンは、アンジオテンシノーゲンを分解してアンジオテンシンⅠをつくる。
③ アンジオテンシンⅠはACEによってアンジオテンシンⅡに変換される。
④ アンジオテンシンⅡは、副腎皮質からのアルドステロンの分泌を促進するとともに、血管を収縮する。⇒血圧上昇
⑤ さらにアルドステロンの作用により、ナトリウムの再吸収が促進され、血圧が上昇する。