35-102 地域在住高齢者を対象とした、ロコモティブシンドローム予防のための支援内容と行動変容技法の組合せである。

問. 地域在住高齢者を対象とした、ロコモティブシンドローム予防のための支援内容と行動変容技法の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 毎日 30 分散歩すると目標を決めて、周囲の人に言うように勧める。—– セルフモニタリング

(2) 朝食後に、お茶の代わりに牛乳を飲むように勧める。—– 行動契約

(3) 冷蔵庫に、豆腐や乳製品など、たんぱく質源の食品の常備を勧める。—– 行動置換

(4) カレンダーに食事摂取と運動のチェック欄を作るよう提案する。—– 刺激統制

(5) 運動を始めると、自分にどのような影響があるかを考えてもらう。—– 意思決定バランス

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 毎日 30 分散歩すると目標を決めて、周囲の人に言うように勧める。—– 行動契約

× (2) 朝食後に、お茶の代わりに牛乳を飲むように勧める。—– 行動置換

× (3) 冷蔵庫に、豆腐や乳製品など、たんぱく質源の食品の常備を勧める。—– 刺激統制

× (4) カレンダーに食事摂取と運動のチェック欄を作るよう提案する。—– セルフモニタリング

(5) 運動を始めると、自分にどのような影響があるかを考えてもらう。—– 意思決定バランス