34-18 アミノ酸と糖質に関する記述である。

問. アミノ酸と糖質に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 人のたんぱく質を構成するアミノ酸は、主に D 型である。

(2) アルギニンは、分枝アミノ酸である。

(3) チロシンは、側鎖に水酸基をもつ。

(4) グルコースの分子量は、ガラクトースの分子量と異なる。

(5) グリコーゲンは、β-1,4 グリコシド結合をもつ。

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 人のたんぱく質を構成するアミノ酸は、主に L 型である。

× (2) アルギニンは、分枝アミノ酸ではない。
分枝アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシンである。

(3) チロシンは、側鎖に水酸基をもつ。

× (4) グルコースの分子量は、ガラクトースの分子量と等しい。

× (5) グリコーゲンは、α-1,4 グリコシド結合をもつ。
グリコーゲンは、グルコースがα-1,4 グリコシド結合とα-1,6 グリコシド結合でつながったものである。

⇐前   次⇒