34-89 妊娠期の栄養に関する記述である。

問. 妊娠期の栄養に関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1) 胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠前からビタミンCを付加的に摂取する。

(2) 妊娠悪阻は、ウェルニッケ脳症の原因になる。

(3) βカロテンの大量摂取は、胎児奇形をもたらす。

(4) 妊娠中の低体重は、産後の乳汁産生不足の原因にならない。

(5) 鉄の需要は、妊娠初期に比べ後期に低下する。

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) 胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠前から葉酸を付加的に摂取する。

(2) 妊娠悪阻は、ウェルニッケ脳症の原因になる。
妊娠悪阻によりビタミンB1が欠乏し、ウェルニッケ脳症をきたすことがある。

× (3) ビタミンAの大量摂取は、胎児奇形をもたらす。
プロビタミンAであるβカロテンは、体内で必要量だけビタミンAに変換されるため、大量摂取しても胎児奇形の原因とならない。

× (4) 妊娠中の低体重は、産後の乳汁産生不足の原因になる。

× (5) 鉄の需要は、妊娠初期に比べ後期に増加する。
 

⇐前   次⇒