33-88 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。

問. 成長・発達・加齢に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 体水分量に占める細胞外液の割合は、新生児期より成人期の方が大きい。

(2) 胸腺重量は、成人期に最大となる。

(3) 糸球体濾過量は、成人期より高齢期の方が大きい。

(4) 塩味の閾値は、成人期より高齢期の方が高い。

(5) 唾液分泌量は、成人期より高齢期の方が多い。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 体水分量に占める細胞外液の割合は、成人期より新生児期の方が大きい。

× (2) 胸腺重量は、14歳頃に最大となる。

× (3) 糸球体濾過量は、成人期より高齢期の方が小さい。

(4) 塩味の閾値は、成人期より高齢期の方が高い。

× (5) 唾液分泌量は、成人期より高齢期の方が少ない。

 

⇐前   次⇒