32-5 【解なし】喫煙と疾患Aおよび疾患Bとの関連に関する記述である。

問. ある地域の40歳以上の男性を対象としたコホート研究において、喫煙群と非喫煙群を各々20万人年観察し、疾患A、Bの罹患者の人数を調査した結果を表にまとめた。喫煙と疾患Aおよび疾患Bとの関連に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

注:この問題は解なしとなっています。

(1) 4万人を5年間追跡した場合と、5万人を4年間追跡した場合の観察人年は同じである。

(2) 喫煙による疾患Aの相対危険は、0.10である。

(3) 喫煙による相対危険は、疾患Aより疾患Bが大きい。

(4) 喫煙群における罹患者数は、疾患Bより疾患Aで多い。

(5) 禁煙による寄与危険は、疾患Aより疾患Bが大きい。

 

スポンサーリンク
答. 解なし
解説

この問題は、与えられた情報だけでは答えを出すことができないため、解なしとなっている。

(1) 4万人を5年間追跡した場合と、5万人を4年間追跡した場合の観察人年は同じである。

? (2) 問題では、罹患者数しか示されていないため、相対危険を求めることはできない。

? (3) 問題では、罹患者数しか示されていないため、相対危険を求めることはできない。

× (4) 喫煙群における罹患者数は、疾患Aより疾患Bで多い。

? (5) 問題では、罹患者数しか示されていないため、寄与危険を求めることはできない。

 

⇐前   次⇒