31-79 脂質の臓器間輸送に関する記述である。

問. 脂質の臓器間輸送に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) カイロミクロンは、肝臓で合成されたトリアシルグリセロールを輸送する。

(2) VLDLのコレステロール含有率は、LDLより大きい。

(3) LDLのコレステロールの末梢細胞への取り込みは、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)が関与する。

(4) 末梢細胞のコレステロールのHDLへの取り込みは、リポタンパク質リパーゼ(LPL)が関与する。

(5) 脂肪組織から血中に放出された脂肪酸は、アルブミンと結合して輸送される。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) カイロミクロンは、小腸で合成されたトリアシルグリセロールを輸送する。

× (2) VLDLのコレステロール含有率は、LDLより小さい。

× (3) LDLのコレステロールの末梢細胞への取り込みは、リポタンパク質リパーゼ(LPL)が関与する。

× (4) 末梢細胞のコレステロールのHDLへの取り込みは、レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)が関与する。

(5) 脂肪組織から血中に放出された脂肪酸は、アルブミンと結合して輸送される。

 

⇐前   次⇒