30-9 がんに関する記述である。

問. がんに関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。

(1) 肝がんの年齢調整死亡率は、近年増えている。

(2) 乳がん検診の受診率は、50%を超えている。

(3) 加工肉摂取は、大腸がんのリスク因子である。

(4) 地域がん登録は、がん死亡の全数把握を目的としている。

(5) 都道府県は、がん対策推進計画を策定しなければならない。

 

スポンサーリンク
答. (3),(5)
解説

× (1) 肝がんの年齢調整死亡率は、近年減っている。

× (2) 乳がん検診の受診率は、50%を超えていない。
44.9%(平成28年)となっている。

(3) 加工肉摂取は、大腸がんのリスク因子である。

× (4) 地域がん登録は、がん死亡の全数把握を目的としない。
2016年に始まった全国がん登録では、全数把握を目的に、医療機関にがんの届出を義務化している。

(5) 都道府県は、がん対策推進計画を策定しなければならない。
 

⇐前   次⇒