30-3 年齢調整死亡率に関する記述である。

問. 年齢調整死亡率に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) 対象集団の年齢構成の違いによらず、粗死亡率より大きくなる。

(2) 標準化死亡比は、対象集団の人口規模が小さいと使用できない。

(3) 老年人口が多い集団と少ない集団を比較できる。

(4) 基準集団を設定しなくても算出できる。

(5) 海外の集団との比較はできない。

スポンサーリンク
答. (3)
解説

× (1) 対象集団の年齢構成の違いにより、粗死亡率との大小関係は変わる。
年齢構成が基準人口と等しい場合、粗死亡率と年齢調整死亡率は等しくなる。
・高齢者が多い場合:年齢調整死亡率<粗死亡率
・若年者が多い場合:年齢調整死亡率>粗死亡率

× (2) 標準化死亡比は、対象集団の人口規模が小さい場合に使用される。

(3) 老年人口が多い集団と少ない集団を比較できる。

× (4) 基準集団を設定する必要がある。
基準集団には、昭和60年モデル人口が用いられる。

× (5) 海外の集団との比較ができる。
国際比較では、基準集団として世界人口を用いる。
 

⇐前   次⇒