36-40 免疫に関する記述である。

問. 免疫に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 消化管粘膜には、非特異的防御機構が認められる。

(2) IgG による免疫は、非特異的防御機構である。

(3) IgA は、Ⅰ型アレルギーに関与する。

(4) IgM は、胎盤を通過する。

(5) 血漿中に最も多く存在する抗体は、IgE である。

 

スポンサーリンク
答. (1)
解説

(1) 消化管粘膜には、非特異的防御機構が認められる。

× (2) IgG による免疫は、特異的防御機構である。

× (3) IgE は、Ⅰ型アレルギーに関与する。

× (4) IgG は、胎盤を通過する。

× (5) 血漿中に最も多く存在する抗体は、IgG である。

 

⇐前   次⇒