35-31 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。

問. 腎・尿路系の構造と機能に関する記述である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 糸球体を流れる血液は、静脈血である。

(2) ボーマン嚢は、糸球体の中にある。

(3) 尿細管は、腎盂から膀胱までの尿路である。

(4) 原尿は、膀胱に溜まる尿である。

(5) 尿の浸透圧の変動は、血漿の浸透圧の変動より大きい。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 糸球体を流れる血液は、動脈血である。

× (2) ボーマン嚢は、糸球体の外にある。
ボーマン嚢は、糸球体を包み込む袋のような構造である。

× (3) 尿管は、腎盂から膀胱までの尿路である。

× (4) 原尿は、糸球体で濾過された液体である。

(5) 尿の浸透圧の変動は、血漿の浸透圧の変動より大きい。
 

⇐前   次⇒