35-1 公害の発生地域と原因物質の組合せである。

問. 公害の発生地域と原因物質の組合せである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 阿賀野川下流地域 —– ヒ素

(2) 神通川下流地域 —– カドミウム

(3) 四日市市臨海地域 —– アスベスト

(4) 宮崎県土呂久地区 —– メチル水銀

(5) 水俣湾沿岸地域 —– 鉛

 

スポンサーリンク
答. (2)
解説

× (1) 阿賀野川下流地域 —– メチル水銀
新潟水俣病である。

(2) 神通川下流地域 —– カドミウム
イタイイタイ病である。

× (3) 四日市市臨海地域 —– 二酸化硫黄
四日市ぜんそくである。

× (4) 宮崎県土呂久地区 —– ヒ素
慢性ヒ素中毒である。

× (5) 水俣湾沿岸地域 —– メチル水銀
水俣病である。

   次⇒