34-83 栄養アセスメントに関する記述である。

問. 栄養アセスメントに関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1) 食事記録法による食事調査では、肥満度が高い者ほど過大申告しやすい。

(2) 内臓脂肪面積は、肩甲骨下部皮下脂肪厚で評価する。

(3) 上腕筋面積は、体重と上腕三頭筋皮下脂肪厚で算出する。

(4) 尿中クレアチニン排泄量は、筋肉量を反映する。

(5) 窒素出納が負の時は、体たんぱく質量が増加している。

 

スポンサーリンク
答. (4)
解説

× (1) 食事記録法による食事調査では、肥満度が高い者ほど過小申告しやすい。

× (2) 内臓脂肪面積は、ウエスト周囲径で評価する。
体脂肪量は、肩甲骨下部皮下脂肪厚で評価する。

× (3) 上腕筋面積は、上腕周囲長と上腕三頭筋皮下脂肪厚で算出する。

(4) 尿中クレアチニン排泄量は、筋肉量を反映する。

× (5) 窒素出納が負の時は、体たんぱく質量が減少している。

⇐前   次⇒