34-68 食欲と日内リズムに関する記述である。

問. 食欲と日内リズムに関する記述である。最も適当なのはどれか。1つ選べ。

(1) 食経験は、食欲の形成に影響しない。

(2) 血中遊離脂肪酸濃度の上昇は、食欲を抑制する。

(3) レプチンは、摂食を促進する。

(4) 食事のサイクルは、日内リズムに影響しない。

(5) 視床下部の視交叉上核は、日内リズムを調節する。

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 食経験は、食欲の形成に影響する。

× (2) 血中遊離脂肪酸濃度の上昇は、食欲を促進する。

× (3) レプチンは、摂食を抑制する。
摂食を促進する因子には、グレリンやオレキシンがある。

× (4) 食事のサイクルは、日内リズムに影響する。

(5) 視床下部の視交叉上核は、日内リズムを調節する。

 

⇐前   次⇒