34-2 わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。

問. わが国の人口指標のうち、最近減少しているものである。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) 合計特殊出生率

(2) 65 歳以上人口に占める 75 歳以上人口の割合

(3) 従属人口指数

(4) 粗死亡率(全死因)

(5) 年齢調整死亡率(全死因)

 

スポンサーリンク
答. (5)
解説

× (1) 合計特殊出生率は増加している。
合計特殊出生率は、平成17年に最低(1.26)を記録し、その後増加している(令和元年では1.36)。

× (2) 65 歳以上人口に占める 75 歳以上人口の割合は増加している。
平成27年では、48.2 %である。

× (3) 従属人口指数は増加している。
老年人口の増加と、生産年齢人口の減少により、従属人口指数は増加している(平成27年では64.5)。

× (4) 粗死亡率(全死因)は増加している。
粗死亡率は、昭和60年代から上昇が続いている。

(出典:厚生労働省)

 

(5) 年齢調整死亡率(全死因)
年齢調整死亡率は、昭和22年以降低下傾向が続いている。

(出典:厚生労働省)

 

⇐前   次⇒