34-124 潰瘍性大腸炎に対して、サラゾスルファピリジンを使用することで、吸収が低下する栄養素である。

問. 潰瘍性大腸炎に対して、サラゾスルファピリジンを使用することで、吸収が低下する栄養素である。最も適当なのはどれか。 1 つ選べ。

(1) ビタミン K

(2) ビタミン B1

(3) 葉酸

(4) パントテン酸

(5) ビタミン C

 

スポンサーリンク
答. (3)
解説

(3) 葉酸

サラゾスルファピリジンの使用により、葉酸の吸収が低下し、葉酸欠乏症を起こすことがある。

⇐前   次⇒